Top > 現金化 > クレカ現金化の仕組みと暴利に迫る

クレカ現金化の仕組みと暴利に迫る

金欠の時に現金を得るのによく考えられるのは消費者金融での借入が多いのでは無いのでしょうか。

【関連】

現金化!金欠時の3つのステップで対応

しかし、私のお勧めとしてはクレジットカード現金化です。

仕組みとしてはクレジットカードのキャッシング枠を利用して業者に指定された商品を購入して、それを店舗で買い取ってもらうかそのままキャッシュバックをするという流れです。

これだけ聞くと色々しないといけなくて手間そうだと感じるかもしれませんが現在クレジットカード現金化を行う業者は沢山有りネットですぐに申し込めます。

商品自分の自宅に届くという事はなく最短で5分程で現金が振り込まれます。

しかし、勿論換金率が存在しておよそ90%前後です。10万を現金化すると9万がくるという事ですね。

そこまで損はしなさそうには見えますが年率にするとあまり良く有りません。

ではなぜお勧めかというと審査が無く手軽ということと借金の履歴が残らないという事でしょう。

審査が通らなければ勿論消費者金融や銀行では借りれません。しかし、クレジットカード現金化では審査が無いので問題なく借りれれます。

また、借金の概念では無いので信用情報には関わりません。年率は悪いので使う時は慎重に使うべきですが、方法としてはお勧めの方法です。

 

クレカ現金化の手続きの流れ

金欠というものは誰しも起こりうる可能性がありますが、そんな時に即日で現金を手に入れる方法はいくつかあります。

最近で特に便利となってきているのがクレジットカードを使った現金化となります。

この現金化に関してはちょっと前なではAmazonギフト券などを購入してそれを売るという方法がありましたが、それをクレジットカード利用をすることでより素早く即日で現金化が出来ます。

こちらは最近専門の現金化サイトができたので、そちらのフォームに記入をしてそこでクレジットカードで指定された買い物をします。

それが確認されしだい銀行振込によって手数料を引いただけの金額が、現金として振り込まれます。こちらは銀行振込を利用しているので営業時間内に手続きをしないと即日振込がなされないので注意しましょう。

大体の銀行の営業時間は午後3時なので、それを見越して午後2時あたりまでに手続きを完了していると即日現金化が確実となります。

手続きに関してはインターネットの専門店だと素早いところで30分程度となっているので、即日現金化はとても簡単になっています。

現金化

関連エントリー
少額の現金化!働くのも一つの方法クレカの現金化するタイミングは重要!現金を借りれる「定期預金担保貸付」知っていますか!?クレカ現金化の仕組みと暴利に迫る現金化!金欠時の3つのステップで対応可能なはず!
カテゴリー
更新履歴
インターネット利用の医療事故情報センター(2017年7月31日)
少額の現金化!働くのも一つの方法(2017年7月29日)
クレカの現金化するタイミングは重要!(2017年7月29日)
現金を借りれる「定期預金担保貸付」知っていますか!?(2017年7月29日)
クレカ現金化の仕組みと暴利に迫る(2017年7月29日)